FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

那須のパン屋さん。

関東人が気軽に行ける那須。
せっかくなので、のんびりするために行って来ました。

那須もいいかも。
緑の木々が立ち並ぶ主要道。
茶色い看板で統一された街並みはちょっぴりお洒落。

那須のお菓子が売っている、お菓子の城チーズガーデン等、
試しに寄ってみたら、美味しい試食がいっぱい☆
SAでよく見かけた那須の月や御用邸チーズケーキなんかが
お薦めです。
どちらかと言うと、チーズガーデンの方が店内もレストランも
お洒落な雰囲気。
PIC_0126.jpgお庭の感じも素敵。
PIC_0119 2ここで軽くお食事サンド。
チキンとお魚のフライが入った冷えたサンドイッチ。
しかしパンがいまいち。
軽食が食べられるこのコーナーでは、ケーキかソフトクリームを
食べた方が美味しくて正解だったのかも。。。

その後向かったのはアジアンオールドバザール。
懐かしいバリ舞踏の時のにぎやかな音楽がかかっており、
バリの雑貨やレストランがたくさん立ち並ぶ、
那須になぜあるのか不思議な空間。

久しぶりに泊まりたくなったペンションは、
PIC_0158露天貸切露天風呂が二つあったり、
PIC_0137キッズキッズルームがあったり、
お庭にブランコがあったり子連れには◎。

PIC_0149夕食夕食は同居人切望のチーズフォンジュ
(パンとチーズは食べ放題!)
Rさんはひたすらパンを食べていました。
他のメニューはペンションらしい感じですが、さすが高原、野菜が美味しい!!
ペンションすぐ横には小川が流れていて、
今どき珍しい蛍がたくさんいました☆
PIC_0150朝食朝食はサンドイッチ数種とハニートースト。
パン好き一家にはたまりません。牧場もあるからか、
牛乳も美味しくてRはまた飲み放題。。。

ペンションを後にした二日目は、南が丘牧場へ。
PIC_0167ガーンジィ牛
無料で入れる小さな牧場ですが、別料金で乗馬をしたり
魚釣りをしたり、小学生以上だったら楽しめそう。
我が家は美味しいソフトクリームに満足して早々に次へ。

あまり期待をしていなかったパン屋さん、
PIC_0188ペニーレインペニーレイン
だいぶ忘れかけているけれど、とにかく美味しかったのが、
チーズクロワッサン!!!
デニッシュ大好きで色んなお店のそれを食していますが、
ここのがイチバン美味しかった気がするくらい。
実は出来立てのパンを食べられる、素敵なスポットがあるのも
ポイント高いかも。(お店の斜め前の池のある木陰)
他にも併設レストランのメニューを一つでも頼めば
PIC_0185ペニーレイン庭
こぉんな素敵なオープンカフェでも召し上がれます。
お向かいにはドッグラン(?)の屋敷があるので、高級ワンちゃんたちが
どんどん集まってきて、(オープンカフェでも優雅に食事したり)
セレブの仲間入り気分もちょっと味わえたり?!

那須は今まで住んでいたところから、行きにくい場所だったので
正直ノーマークでした。
行って見ないと分からないものですね。。。
他にも行けなかったけれど、全国的に?有名なCAFEやパン屋さんも
あるようなので、ずっと近くに住めるならばリピしたいところだけど。。。

↑ママ的にはグルメに行きたいところですが、一応、
乗り物大好きBOYにはSLランドもあるし、
那須サファリパークもあるし。



スポンサーサイト

新緑の草津&軽井沢

話は更にさかのぼって、新緑の季節。
関東にいる間に行っておきたかった、未開拓地草津へ
急遽、行ってみました!
軽井沢をさらに奥へ奥へ、進むとワタシ好みの温泉街がある。
茶系で統一されたお洒落な雰囲気。

旅館でいっぷくして夕方のお散歩。町の中心にある湯畑。
DSCF5176.jpgここの脇には足湯も。
マック以前の鶴瓶さんの足湯CMは実はここ。
恐がりRは足を一歩も入れられず、コアラちゃんのように
ワタシに抱きついていましたが。
DSCF5229.jpg
エメラルドグリーンが美しい。
さらに奥へ行くと、両脇にお土産屋さん。
なんと温泉まんじゅう丸々1個を試食用に『どうぞ!』と!!
食いしん坊一家は旅館の夕食の事も忘れ、ペロリと頂きました。
DSCF5180.jpg西の河原公園。
小川のように流れているのはなんと温泉。小池は全て熱々のお湯。
近くには片岡鶴太郎美術館なんかもある。

旅館に戻って夕食は掘りこたつ式のレストラン。
DSCF5189旅館夕
つみれ入りのすき焼他。
大食い選手権1歳の部で優勝しそうなRもひたすら
食べていました。
これだけ食べたら食後は大ハッスル。
DSCF5209.jpgお茶菓子を運ぶ男(笑)
永遠に布団の周りをグルグル。。。

翌日は朝から湯畑を散策し、早めに軽井沢へ。
2年前からずっと行きたかった予約必須のエンボカへ。
カーナビでは見事に迷い、電話をしながら進むと、
静かな緑の林の中にひっそりとそれはありました。
洗練された大人の雰囲気のイタリアン。
DSCF5239.jpg
R用に取り分けた分しか残っていないけど、バターをのせて
焼き上げた、自家菜園の野菜の窯焼き。
野菜のうまみをしっかり味わえて美味しー!!
石窯で焼き上げるピザはマルゲリータともう一つ、ハーフ&ハーフで。
もっちもち生地で本当に美味しー!!
考えつかなかった組み合わせの野菜等のピザや
デザートピザまであるので高いけどまた行きたい♪
DSCF5243.jpgお店を出たところ。
年季の入った木の椅子が素敵。
エンボカさんには予約時に子供椅子をお願いしていたのですが、
ソファ席に通され、Rにはお洒落な木の小さい椅子でした。

食後に寄ったのがハルニレテラスというスポット。
資産家だったら、孫や子供に買ってあげたい高級な
木の椅子や玩具を売っているお店や素敵な飲食店等。
お風呂好きにはトンボの湯もあります。

草津も良かったけど、軽井沢でも十分楽しめました☆

江ノ電に乗って~鎌倉~

鎌倉へ、ふと行きたくなって、たまたまだけど
ちょうどアジサイの時期に行って来ました。
どうやら鎌倉は、アジサイ寺と呼ばれるお寺が
多々あるくらい、アジサイで有名なトコロ。

お正月の人混みに酔って、鎌倉大仏まで
たどり着くことなく引き返した子供の頃。
それ以来の鎌倉ですが、今回はお寺がたくさんある
街中?の方ではなく、海沿いに。

旅行計画はmarronが立てるので、
なぜかグルメ中心になってしまいます。
鎌倉と言えば湘南?サーファー?海?勝手な妄想から、
海の見える雰囲気の良いお店に行きたいっ!
そういうわけで、湘南ではなく七里ヶ浜周辺へGo!
Amalfi Dolce Cafe
3階のテラス席からはサーファーだけでなく、ヨット、江ノ島まで。
初めてのヨットに感激したRは、「オ(ヨ)ット、オット!」連発。
最近でも「ヨットは?」と聞くと、なぜだか”シェ~”のポーズを
するR。そう見えたのか???
DSCF5288アマルフィ
○ハムと地鶏卵、チーズのパニーニ¥1050
卵と野菜がたっぷりで、ランチとして食べる我らには
嬉しい限りですが、卵が多すぎてちょっと食べにくい。

○モッツァレラ カロッツァ
モッツァレラチーズをサンドしてバターソテー。
カナサード(欧州産黒糖)、キャラメル、シナモン、パルメザンチーズが振りかけてある。
何となく淡白なお味ですが、さらにメープルをかけて食べると
食事系ではなく甘いスイーツに♪
冷製コーンポタージュも超美味しい、スプーンが葉っぱの形だったり、
食器も可愛いお店です。

その後は”世界一の朝食”と呼ばれるそうな、
お食事を提供してくれるbillsで予約(2時間待ち!!)をして、
Rの為に江ノ電に乗ります~
江ノ電って、レトロな絵柄が素敵だし、何より、道路のすぐ
近くを走っていたりと身近な電車で、魅力たっぷり。
語彙の少ないワタシには伝えきれないので、是非近くへ行って
見て&乗ってみてほしいな。

DSCF5295江ノ電
極楽寺
DSCF5298あじさい
階段の両脇にはアジサイがあふれ、
遠くには海辺が眺められる絶景です。
ただし、満開ではないようで、少しがっかり。

江ノ電に乗って七里ヶ浜に戻り、砂浜でまったり。
その後は同居人による寝かしつけの儀式(Rには可哀相だが)
billsへ!!
DSCF5315お店
海が見える白い建物の中にあります。
DSCF5318リコッタケーキ
これが噂のリコッタパンケーキ。
チーズたっぷりでところどころ白くみえますが、
卵もたっぷりで厚焼き卵のような感じも。
味は薄味で食事系でも○。下にバナナ、上に薄くバターが
のっかり、さらにお好みでメープルシロップを。
3枚もありボリューミーなので2人で半分こ。
他にもスクランブルエッグが美味しいそうです。
海外モノって、大味で甘すぎるイメージがありましたが、
薄味好きの我が家に合うパンケーキ。
同居人も絶賛、また食べたいそうです。

今度はうちの雑誌の表紙でたまたま見かけた根本さんのカフェが
逗子にあるようなので、逗子・横浜あたりをせめてみたいなぁ。
coyaちょっと雰囲気の良いカフェ。

鬼怒川温泉&日光 二日目

温泉旅行。朝起きたらまずは温泉に♪

って、昔は温泉嫌いでそんな事しなかったのに、
ワタシも歳を取ったなぁ。
珍しく早起きしなかったRと同居人を部屋に残し、
こっそり優雅に朝の露天風呂。
夜とは違い、鬼怒川の清流沿いに色づいた紅葉を
眺めながらの贅沢なひととき。

DSCF4802鬼怒川紅葉

そして大広間での朝食。Rの食べっぷりは前述の通り(呆)。
その後は鬼怒川にかかる新し目の橋を渡ってみたり、
昨日不完全だった周辺のお土産屋さん等を見て回る。
【無料お茶処】があったので入ってみると、お茶を出して
下さったうえに、温泉まんじゅうを丸々1個ずつ頂きました☆
しかもほんのり温かい、ちょうど食べたかったおまんじゅうを!!
雨で寒い午前中とはいえ、お散歩してよかったぁ!

こんな最悪なお天気ですが、この後は有名な華厳ノ滝へ。
前日の、晴天・休日であれば大渋滞していただろう、
いろは坂も今日はスイスイ。
ただただ周りは雨と霧であまり見えないんだよなぁ。
カーブをいろは分(?)進んだ先には、中禅寺湖等、
ひらけた街並みが広がっています。
寒いしどこでもいいやって入った食堂で、ゆば入コロッケ丼
のランチを済まし、Rは同居人の抱っこにて、滝を見に行くと・・・。

やはり霧が深くて良く見えない。。。
でもしばらく見ていると、幸運にも少し霧が晴れてきて☆
かろうじて、滝とその周辺の岩山も見えてきました!!
DSCF4813滝

日ごろの行い良かったっけ?
エレベーターで滝壺の方へ降りれるようでしたが、
雨で激サム(霰も降っている?!)なので早々に帰ります。
しかし、那智ノ滝に続いて華厳ノ滝も見ることができたので、
日本三大名瀑(三大滝)としては、残るは茨木の袋田ノ滝のみです。

途中、宇都宮餃子を♪
餃子専門店で、焼きと水餃子のみ。
水餃子はどんぶりにスープと共に入ってきて、
自分で醤油とラー油を入れる感じ。
両方それなりに美味しいけど、周りに華やかな
パリパリの羽根が付いているわけでもないし、味も淡白な気が。
祖母が作った餃子の方が美味しいかも。
それから、餃子店近くに大和屋発見!
何だか嬉しくなって、戻って入ってみたら、
美味しい珈琲と、珈琲チョコをサービスして下さった♪

そんなこんなで紅葉の鬼怒川&日光旅行はおしまい。

今回のRは、渋滞も少なかったからかそれほどぐずることもなく、
ワタシがするRのものまねを見て、ケタケタ笑っておうちまで
帰ることができました。(ちょっと馬鹿っぽいゾ、この子。)

『(首を振りながら)いや、いや、いや!!』
『よぉーっしゅ!(よしっ!がなまってる)』
『ねんねっ
『う~、マンマ!(寝起き、朝一にこれ)』

鬼怒川温泉&日光 一日目

そろそろこちらでの生活も残りわずかになるかもしれないっ!!

と、少々焦りだし、先日北海道旅行で散々参っていたにも
関わらず、今度は栃木県を開拓です☆
それも急遽!
空いている安い旅館を見つけ出し、行っちゃったのであります。

まずは天気の良い初日、日光あたりでは、
高速道路の両脇にまで、美しく色づいている紅葉が!!
『はっぱよ、はっぱ!』としつこいくらいに繰り返していると、
Rも『はっぱ☆』と言ってくれました。
いろんな色があって、これが色々集まると綺麗な紅葉になるんだ
ということまで理解してくれたら良いんだけど。

3時間位で到着できたけれど、東照宮辺りはものすごい渋滞。
回り道してたまたま無料の駐車場を見つけ、ラッキー☆
まずは腹ごしらえ!
そば処 魚要 の名物湯波そば。
DSCF4749.jpg
くるくる巻かれた湯波や高野豆腐を巻いてお出汁たっぷり
吸い込んだ湯波ぜんまいを巻いた湯波など3種類。
お蕎麦は手打ちで太さバラバラだけど甘辛いおつゆとまっち。

そして同居人がいつかは行きたかった日光東照宮
最初からすごい階段が!!
ベビーカーで行ったのは失敗でした。
2人で手分けして持ち運んだり、砂利道を四苦八苦。
あっさり見終わると思っていたら大間違い。
見所はたくさんあって、時間が足りない程でした。。。

美しい庭園。
DSCF4761庭園

かの有名な、見ざる・言わざる・聞かざるの三猿。
DSCF4771お猿

すごい人。
DSCF4774.jpg

細部に至るまでいろんな彫刻が施され、色彩も日本の神社等の
暗いイメージではなく煌びやか。
はるか昔にこのような建築物が作られていたことに
感動せざるを得ない。

恥ずかしながらmarronは知らなかった眠り猫。
同居人のみ、奥へ進み見てきました。
DSCF4781眠り猫

昼間は暑いくらいだったのに、夕方になるとひんやり、
荘厳な雰囲気に。
その頃にはさすがにお疲れのR。
いつの間にかベビーカーで寝ていました。

そろそろ旅館へ。
夕食の時間まで、周辺~駅までお散歩に。
翌日は平日だったので、17:00には店じまいがほとんどで
閑散とし、さらに雨なので余計に寂しい温泉街でした。

R、温泉デビュー☆
は同居人と男同士、男風呂へ!!
露天は寒くてやめたそうですが。
前回箱根に行った時は、月齢が低かったので部屋風呂に
したはずなので、鬼怒川温泉がデビュ温泉です。

お料理は、メインがいくつか選べるプラン。
鴨鉄板焼きを選んだはずなのに、いざ食べようと蓋を開けると
鴨鍋になっていました。
鉄板焼きが食べたくて楽しみにしていたので、
指摘したところ、鉄板焼きも用意してくださって、
さらに火をつけてしまった鴨鍋も食べて良いと。
これはまぁ、良かったのですが、
おかわり自由のゴハンジャーは壊れているのか、冷たいし固い。
間違いを指摘してもあまり反省している感じもしないし、
旅館に対しては不満がいっぱいありました。
同居人にブゥブゥ言っても『しゃあない』の一言ですが、
安くてもお金を払っている以上、それなりのサービスを提供しなきゃね。

それはそうと、Rのお食事は大人食から味の薄い野菜類と、
おかわり自由のゴハンをあげていましたが・・・
またしても『もっと、もっと~!!』の全身大グズリ。
ごはんを3回おかわりして、無理やり部屋まで連行しないと
納まらないくらいの食いしん坊でした。これは朝食も。。。
親に似たと言われればそれまでですが(苦笑)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。