FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベビと行けるお店

昔は子供連れでお食事に行くなんて無理って、
勝手に決めていましたが、このところベビと行けるお店が
増えているような気がします。
ママ教室で知り合った仲間とランチに行ったのはトレビアン
半個室の掘りごたつ風のお部屋があって、
大人+子供8人でも大丈夫でした。
寝たままベビなら転がして置いておけるし、授乳もできるし、
個室系のお座敷または絨毯のお部屋ってかなり◎

そしてランチしてお花見の後に行ったのがこちらのカフェ。
おやこカフェGreen Tu Lip
船橋駅の北側にできた親子で行けるカフェ。
店内にはテーブル席とソファ席、それから子供が遊べるスペース。
ベビーベッドや授乳室、オムツ替え台まで!!
オーナーご夫妻にも2歳のお子さんがいるそうで、
子持ちのママの気持ちをしっかりおさえて作られている☆
メニューもヘルシー系のランチなどがあり気になるところ。

でも今回はおやつのお時間なので。
ずっと気になりつつも食べた事がなかった もっふる ♪
DSCF4110もっふる
きなことあんこといわゆるワッフルメーカーで焼いたお餅?!
は確かによく合います!
が、フォーク一つで食べるにはちょっとかたかったぁ!!
ベビーcafe
店内の様子、わかるかな。
親子カフェといえど、ちゃんと洗練されたカフェです。
ベビーチェアはイケアのもの。
イケアのレストランではいつも白い椅子に座るので
ここでは赤色にしてみたよ☆
四人中一番お兄さんのはずのRさん・・
でも見ての通り一番小さかったり。
ちなみに手にもっているワニのラトル、本日使ったばかりで
翌日には落として無くしてきました(泣)
おもちゃには紐か何か付けて落とさないように注意が必要ですね。

船橋じゃなくても、地元でなら・・・
妊婦時代に友達に連れて行って貰ったお店鎌倉も良かったな☆
ふすまでしっかりしまる完全個室のお部屋があり、
お座敷なのでベビが動き回ったりもOK、授乳も○。
うるさく騒ぐと周りには聞こえちゃうけどね。
体重増加の恐怖で、あの時はヘルシー系のドリンクのみ。
お食事や和スイーツもかなり気になるお店です。

それから同級生のお店アムールドレイヴ
お子さんが沢山いるだけあって、フレンチでもお子様連れOKらしい!
子供の遊ぶスペースがあったり、個室もあったり。
お食事はまぁまぁ。こちらは¥1500のランチ。
前菜のローストポーク?!
アムール前菜
野菜のポタージュとパン
野菜のポタージュ
メインの白身魚のポワレ
白身魚のポワレ
デザートはレーズンアイスとシフォンケーキ
シフォンラムレーズンアイス

ただ、テーブル&椅子だけだと寝たきりベビにはちょっと大変かも。
よく活用するのはベンチシートのあるお店。
大人の後ろに寝かせておいたり、間に挟んで座らせておいたり、
これはかなり重宝します☆
他にも入りやすいお店を見つけたらまたメモっておこっと。

スポンサーサイト

Comments

そうそう!!
ベビーがいても気兼ねしなくて、居心地のいいお店探しって結構大変なんだよね。
今回も一人だけ赤ちゃんがいる子がいるから、お座敷とか個室とか探すんだけど、なかなか難しくてね。
ベンチシートはいい情報♪
もっと富山でも増えてくれるといいんだけどな。

富山だと、うちの妹はよく婦中の梅の花を利用してたよ。
和室の個室もあるし、もう少し大きくなってからだけど、こども達が遊べるスペースがあるし、それもこども達が喜ぶおもちゃがあったりするんだって。
そこにあるおもちゃがすごく気になる~。

こどものおもちゃってすぐ落とすよね。あと、靴下!!
お下がりの靴下チェックすると、いいものはみんな片一方だったりするんだよ(苦笑)
おもちゃにはよくゴムの両端にパチンととめられるものつけてたりしたけど、それでもなくなっちゃうんだよね。

ことりさま!

さすがことりさん、幹事慣れしているだけあって、
ベビ連れの気持ちもだいぶ詳しいですね!!
梅の花、友達も言っていましたぁ☆
おもちゃは知らなかった!!どんなのでしょうね~。
でもお料理が高そうなので、未だベビとは使った事無いです。
地元でも沢山見つけておいて下さいね☆

そうそう、靴下!
「よく落とすよね~」ってお喋りしていた矢先、
落としてきたことあります(^_^;)
あと、レッグウォーマーも!
緩いとズルズル落ちてきて、気付いたら落ちていたり。
靴下系は、どうしてもパッチンで止めておくわけにも
いかないですからね(笑)

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。